レーシック手術を体験してみて

長年悩んでいた近視。


わずらわしいコンタクトレンズ。

視力がよくなればどんなに楽だろうといつも思っていました。
そこでとうとうレーシック手術を受けることにしました。

インターネットでいろんなクリニックを検索し、口コミをチェックしました。だけどやっぱり知らない人のコメントなので、いまいち信用できません。調べに調べつくしていたら、たまたま知り合いにレーシック手術を受けた人がいたので、そちらのクリニックを紹介してもらいました。

レーシック手術を受ける前に、まず術前検査と言うのがあります。


自分の目がレーシックを受けることができるのかどうか、きちんと調べてもらうのです。
術前検査の1週間から2週間前からはコンタクトレンズの使用は禁止になります。


検査時間はだいたい2時間から3時間かかりました。
大切な目の事ですから、事前の検査もかなり慎重に行います。

検査の後、レーシック手術が大丈夫であれば、手術当日の説明を受けます。

持病やいつも服用しているお薬など、詳しくお話しておく必要があります。


持病や服用している薬によっては、手術が受けられない場合があるからです。
そして、レーシック手術を受ける日を予約します。


手術当日は、自転車やバイク、自動車での来院は禁止です。


手術後はかなり視界が悪くなります。

人によってはかなり痛くて、目が開けられない場合があります。私も手術後は目が痛くて、目を開けることができませんでした。

レーシック手術自体は10分くらいで終わります。

手術後は静養室で少し休んで、術後のチェックをしてもらいます。異常がなければ、もうそのまま帰ることができるのです。

ただ、帰りはかなり目がしょぼしょぼして見えにくくなるので、できれば付添いの方がいた方がいいと思います。

手術当日は目が開けられないことが多いので、家に帰ったらそのまま寝てしまうのがいいかも知れません。


朝目が覚めると、いつもと違う世界が待っています。

私が一番感動したのは、時計の針が見えたことでした。

http://www.osaka-implant.com/
http://allabout.co.jp/gm/gl/17517/
http://www.jfcr.or.jp/laboratory/

東京の植毛のクリニックに関する情報が満載です。

初めてでもわかりやすい、武蔵中原の歯科情報をお伝えします。

話題の最新難波のシミ関する情報選びといえばこちらのサイトです。



現時点で最高の表参道のインプラント情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。